FC2ブログ

ホブス

モロッコ料理には欠かせない、食事パン。
ふっくら柔らかくあっさりとしているので、どんな料理ともよく合います。

P1220518_convert_20120123003241.jpg  

主食がパンのモロッコ。
当然主人もパンが無いと食べた気にならないようで、
初来日の時には直径20センチくらいのホブスを山ほど持って来ていました。
そのホブスが切れた後はフランスパンを買っていましたが、
日に一本くらいのペースで無くなるので、たかがパンとは言え高くつきます。
もったいないから焼いてよ、と言われて焼き始めたのがそもそもの始まり。
家では2日に一度くらいのペースで主人のために焼いています。

写真 3 
 
このパンは最初、参考にしていた料理本でバトポットと言う名前だったので
その名で販売していましたが、
先日になって主人のお兄さんが遊びに来た際、バトポットは基本おやつパンだから
食事パンを意味するホブスの方が良いかも、と言うので変更することにしました。
主人曰く、地方ではそう呼ぶところもあるそうですが、
一般のモロッコ人、特に若い人には馴染みのない名前らしいのです。
ホブスと言うと、私のイメージではもう少し大きくて、
固めの食べごたえのあるパンだったのですが、
どうやら大きさや柔らかさなどはあんまり関係なく、
食事パンならざっくりホブスと言う名前でいいらしい(笑)

主人はこのパンを割ってケフタやマッコーダをはさんでサンドイッチにしたり
フォークやスプーン代わりに何でもつまんで一緒に食べています。
終いにはお皿に残っているソースをぬぐい取るようにして
パンで掃除しながらキレイに食べてくれるのでお皿はいつもピカピカ。
残さず食べてくれた上、食器洗いが楽なのも嬉しいところ(笑)

Myuでご用意しているのはこのタイプのホブスだけですが
美味しいと好評なので、ぜひ試してみてください。
2つで150円で販売しています。
 
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。